間違えだらけのニキビケア!まず自分の肌がどんなタイプの肌質なのかを知ろことが大切です!

肌質の基本知識

 

ニキビができたことがない人にとっては、

「ニキビくらいで」とか「ささいなこと」なのかもしれない。

でも、当事者にとってニキビは深刻な問題ですよね。

かつての私もあなたと同じような状況にあり、青春の楽しい思い出がほとんどありません。

ニキビを気にしていたことは、ハッキリと覚えているのに・・・

そんな私も色々と試行錯誤して、

ようやく自分に合うニキビケアの方法を見つけました。

 

今回はニキビに悩んではいるけれど、

原因や予防ケアについて知らない方に向けて

「今、知っておいて欲しい情報」をまとめてみました。

当記事を読めば、ご自身の肌のことや最適なニキビケアの方法が見つかるはず。

最後にオススメのアイテムも紹介しているので、ぜひご参考ください。

 

ニキビとは?

ニキビとは毛穴に皮脂が詰まって、その中でニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖した状態です。

そもそも、毛穴が詰まってしまうのは、周辺の皮膚の角質が厚くなったり、硬くなっていたりするからなのですが・・・

洗顔やスキンケア、その他ターンオーバーの低下など様々な問題が絡んでいるから厄介で、

根本的な部分が変わらないとすぐに再発してしまいます。

ニキビができる理由って?

ここでは代表的なニキビの原因を紹介します。

思い当たるものがあれば、まずはそこから改善していくことをオススメします。

・ニキビができる様々な原因

①便秘

便秘になると蓄積した有害物質(毒素)が血液から全身に運ばれるため、

健康面だけでなく肌にも悪影響が及びます。

 

②食事

揚げ物やスナック菓子、チョコなどは皮脂を増やす食べ物。

過剰摂取していると、ニキビができやすいオイリーな肌になるのでほどほどに。

また、動物性たんぱく質を中心とする食生活は、腸内環境が悪くなるので便秘の原因にも。

食物繊維たっぷりの野菜もしっかり食べましょう。

 

③睡眠不足

睡眠不足や不規則な生活が続くと、

睡眠時に分泌されるはずの肌の代謝や再生につながる各種ホルモンがきちんと分泌されません。

そうなると、肌も不調気味に。

 

④ストレス

ストレスを感じた時に増えるホルモンが、

自律神経やホルモンバランスを乱れさせる原因に。

その結果、肌のバリア機能などが落ちてニキビができやすくなります。

 

⑤間違った洗顔やお手入れ、スキンケア

肌を1日に何度もゴシゴシ洗ったり、

ニキビを不潔な手で潰してしまっていたり、

選んでいるスキンケアに問題があることも。

どんなに値段が高くて、有名なブランドでもあなたの肌に合っていなければ意味はないのです。

 

・【思春期ニキビ】なぜニキビは中学生くらいからできやすいの?

小学校高学年から中学生にかけては、第二次性徴(思春期)が始まるタイミング。

この時期は、男女ともに性ホルモンが多く分泌され、

その影響を受けて他の年代よりも皮脂の分泌量が増える時期です。

そうなると、毛穴も詰まりやすくなるので・・・

皮脂腺が多いおでこや鼻など、Tゾーンを中心にニキビが発生しやすくなります。

「ニキビの悩みがどれだけ深刻か」は本人にしかわからないものですが、

周囲のサポートがあれば救われることも。

とくにニキビケアのアイテムの購入や治療費の負担は高価になりがち。

親御さんに相談しておくと、金銭的な負担軽減につながるはずです。

 

・【大人ニキビ】なぜニキビは大人になってもできるの?

20〜30代と年齢を重ねても、ニキビに悩んでいる人がいるのをご存知でしょうか?

思春期以降のニキビは“大人ニキビ”といい、

頬やフェイスライン、顎といったUゾーン(=カサつきやすい部分)に生じやすいのが特徴です。

なぜ、このような部分にできるのかというと、

大人ニキビの発生には“肌の乾燥”が多いに関係しているから。

このことを知らずに、毛穴パックやあぶらとり紙、角質ケアなど皮脂を取るケアばかり続けていると・・・

肌がますます乾燥して、それを補うために皮脂がドバッと分泌され、

ニキビが余計にできやすくなるので注意してください。

 

ニキビの種類や部位ごとの体調チェック!潰してもOK?

 

・ニキビの種類や特徴

⑴白ニキビ

初期段階のニキビで皮脂や汚れが毛穴に詰まって、肌表面が少しだけ盛り上がっている状態。

 

⑵黒ニキビ

白ニキビの次の段階。毛穴の中に詰まっていた皮脂が肌の表面に出てきて、

そこに空気に触れて「酸化」して黒く見えるように。

皮脂詰まりと毛穴の汚れの蓄積が原因です。

 

⑶赤ニキビ

炎症が生じて赤く腫れ上がった状態で、アクネ菌を倒すために白血球も登場!

思春期に赤ニキビの段階まで一気に進みやすいのは、

学校生活や部活動などで肌を清潔な状態を保ちにくいこと、

ダイエットで栄養バランスが崩れること、

受験勉強などで睡眠の質が低下することが関係しています。

 

⑷黄ニキビ

ニキビの最終段階で膿が溜まった状態。

この膿の正体は、アクネ菌との戦いに敗れた白血球の死骸です。

 

・ニキビは潰してもいい?悪い?

「ニキビは潰すと治る」などと言われていますが、

潰してもいいのは白ニキビまで。

それ以降は、触らずにそっとしておくのが炎症を長引かせない秘訣です。

とくに赤ニキビの時に手で潰して、

毛穴からバイ菌が入ってしまうと色素沈着やニキビ跡の原因になるので絶対に潰さないで。

 

・ニキビができる場所で体調が分かる?

ニキビができる場所には、体の不調が隠れていることも。

ニキビの他に、体調不良がある場合は、内科や婦人科などで診てもらうと安心です。

 

・おでこニキビ:睡眠不足やストレス、肝臓の不調

生活習慣やストレス、肝臓などの不調が出やすい部位。

飲酒の習慣がなくても、疲労・薬の服用・肥満などで肝機能が低下することもあるため、

血液検査をオススメします。

 

・鼻ニキビ:皮脂の過剰分泌、内臓の不調

皮脂腺が多く、皮脂が多くなりやすい部位。

食生活や生活習慣を見直してもダメなら、内臓の不調が隠れている可能性も。

 

・頬ニキビ:乾燥、汚れ、紫外線

乾燥しやすいUゾーンで、面積も大きいので紫外線や肌に付着した汚れ、

メイクの刺激などを受けやすい部位です。

 

・口元ニキビ:胃腸の不調

暴飲暴食をきっかけにニキビができやすい部位。

脂っこい食べ物・アルコール・香辛料を避け、不調が続くようなら内科の受診を。

 

・あごニキビ:ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの影響を受けやすい部位。

生理前にできて治る場合が多いですが、

長引いたり繰り返すなら婦人科の受診も検討してみて。

 

ニキビができやすい人、できにくい人の違いは何?

ニキビのできやすさ、できにくさは肌質が大いに関係しています。

ティーン世代では皮脂量が多い「脂性肌」がニキビのターゲットになりやすいですが、

大人世代は「乾燥肌」や「混合肌」の乾燥部位にニキビが生じやすいといった特徴があります。

 

①普通肌

肌の水分と油分(皮脂)のバランスが良好で、バリア機能も正常に働いている状態。

肌悩みが起きにくく、触ってみて肌がしっとりベタベタしていなければ普通肌。

 

②乾燥肌

肌が乾燥していて水分も皮脂もどちらも少ない肌質のこと。

乾燥しやすく、バリア機能も低下しやすいので注意が必要です。

洗顔後にすぐに肌が乾いたり、

寝起きにカサつきを感じる場合は乾燥肌である可能性大。

 

③脂性肌

水分も皮脂も分泌が多く、皮脂の分泌量の多さが目立つ肌質。

肌が全体的にベタつき、

特にTゾーンがテカるなどの特徴があれば脂性肌。

 

④混合肌

部位によって、ベタつきとカサつきという両極端な肌状態を備えた肌質。

水分と皮脂のバランスが崩れてくる20〜30代を中心に増加します。

Tゾーンはベタつくけれど、Uゾーンは乾燥する場合はこの肌タイプ。

 

ニキビの予防と対策にはどんなものがある?

食事:

肉・野菜・果物など栄養に偏りが生じないように、バランス良く食べましょう。

中でもニキビ肌にオススメなのは、

皮脂の分泌を抑えるビタミンB、

血行促進効果で肌代謝を高めるビタミンE、

腸内環境を整える食物繊維などの栄養素です。

 

運動:

運動をすると血行や代謝が良くなって、ニキビの改善につながります。

スクワットやウォーキングなど手軽にできるものをコツコツと。

 

睡眠:

心地よく眠れるように睡眠の質を高め、

適切な睡眠時間(6〜8時間程度)を確保しましょう。

 

ニキビケアと治し方について

・洗顔方法の見直し

ふだん何気なく行っている洗顔が、ニキビを悪化させる最大の要因になっていることも・・・。

ここではご自身の肌に合う洗顔料の選び方・正しい洗顔の方法をご紹介します。

 

洗顔料の選び方

肌質に合うものを選ぶことが何よりも重要。

脂性肌の場合は皮脂がきちんと取り除けるものを。

乾燥肌の場合は、油分を奪いすぎないものを選ぶことが大事です。

 

正しい洗顔の仕方

メイク落とし、洗顔どちらも肌をゴシゴシこすらないように洗うのがポイントです。

洗顔の回数は脂性肌でも朝晩2回まで。

乾燥肌の場合は朝の洗顔をぬるま湯だけにするのもOKです。

 

・スキンケアの見直し

スキンケアの選び方

どんな肌質であっても保湿が大事なので、保湿成分を重視して選ぶといいでしょう。

それに加えて、ニキビの予防や改善につながる成分入りのものであれば、

より肌悩みに沿ったアプローチが可能になります。

 

保湿の仕方

乾燥防止のため、洗顔後なるべく早く保湿のステップに進むことが大事です。

最近は、1本で手入れが完了するオールインワンタイプのものもあるので、

ご自身が使いやすいものや心地よいものをセレクトしてください。

シートマスクでパックするのもオススメ!

 

・それでもダメなら病院へ

洗顔やスキンケアを見直したけれど効果がなく、

かえって悪化しているようであれば、皮膚科の受診をオススメします。

内服薬・漢方薬・塗り薬の処方、

レーザーやピーリングなど美容医療の力でニキビやニキビ跡がきれいになることも。

 

ニキビ予防やケアにオススメの商品はこれ!

ニキビ向けの商品といえば、

オススメのランキングや人気ランキングなどもあって「市販」も「通販」も合わせると、

種類がとにかく多い!

その中から、自分の肌に合うものを選ぶのって難しいですよね。

そこで、今回はこれまで色々と試してきた私がとっておきを1つ紹介します。

それがこれ!

エイボン・プロダクツ株式会社“ファーストクラッシュ”です。

・特色や魅力は何?

ファーストクラッシュ最大の魅力は、

3in1で洗顔→保湿→トリートメントまでの3ステップケアが完了する手軽さにあります!

ニキビケアには、洗顔と保湿が大事だとお伝えしましたが・・・

忙しくて、時間に追われる毎日だと面倒になって、手を抜いてしまうなんてことも。

そんな時も、「これだけやっておけばいいんだ」という安心感は相当なもので、

実際にこれを使い始めてから、肌の状態もどんどん上向きになっていきました。

ニキビ向けの成分はサリチル酸が入っていて、この成分は角質を柔らかくするピーリング成分として有名。

脂性肌で毛穴が詰まりやすい肌質の方に特にオススメです!

そう考えると、ニキビに悩む10代のティーンネイジャーに適した商品だと言えるでしょう。

 

・使ってみて合わない場合は?返金制度もあり!

確かにいいものなのかもしれないし、評判も良さそうだけれど、肌に合わなかったらどうしよう・・・

そんな不安を感じてはいませんか?

実は、ファーストクラッシュには「全額返金保証」がついています!

新しい一歩を安心して踏み出す上で、このような安心材料もあるのは嬉しいですよね。

 

・手軽にお試し! 充実のトライアルセット

ファーストクラッシュを試すなら、

トライアルセットから入るのがオススメです。

ファーストクラッシュには

「30日分」と「60日分」の2種類のトライアルセットがあるんですが、

30日分は初回限定価格3,714円(税抜)!

・3in1(180g) 現品サイズ1本

・スムースクリーム(30g) お試しサイズ1個

がついてきます。

2ヶ月お試しできる60日分は、3in1の現品サイズが2本。

お試しサイズのクリームが1個ついてきます。

使ってみて肌に合わなかった、効果が薄かった・・・

などの場合、返金制度もあるファーストクラッシュのお試しセット。

手軽に始められて、効果をあなたの肌で試せるので本当にオススメです!

最後に学生さんとその親御さんにお得な情報を!

ファーストクラッシュは、今だけお得な学生応援キャンペーンを開催中。

送料無料やプライスダウンなどの特典があるので、

公式サイトをぜひチェックしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました